う蝕原性Streptococciのバイオフィルム形成に及ぼすナットウキナーゼの阻害効果

う蝕原性Streptococciのバイオフィルム形成に及ぼすナットウキナーゼの阻害効果

レコードナンバー890404論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名成澤 直規
川崎 幸正
中島 圭右
阿部 申
鳥居 恭好
竹永 章生
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ40巻・ 6号, p.273-278(2014-11)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (322KB) 
抄録う蝕原性Streptococcus mutansおよびStreptococcus sobrinusはスクロースを基質として非水溶性グルカンを産生し,歯面表面上に強固なバイオフィルムを形成する。本研究ではセリンプロテアーゼに属するナットウキナーゼの抗バイオフィルム効果について検討を行った。S. mutansとS. sobrinusのバイオフィルムはナットウキナーゼ1mg/ml濃度において約80%程度阻害された。このとき,非水溶性グルカン量の著しい低下が確認された。以上の結果からナットウキナーゼは非水溶性グルカン合成酵素に影響しているものと推察された。セリンプロテーゼに属するトリプシン,プロテイナーゼK,サブチリシンはナットウキナーゼと同程度のバイオフィルム抑制効果を有した。一方,パパインやブロメラインなどのシステインプロテアーゼのバイオフィルム抑制効果はセリンプロテアーゼと比較して著しく低下した。
索引語ナットウキナーゼ;sobrinus;セリンプロテアーゼ;う蝕原性Streptococci;バイオフィルム形成;阻害効果;バイオフィルム;属;低下;バイオフィルム抑制効果
引用文献数16
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat