ヒートポンプ式乾燥機による乾燥食品の品質評価に関する研究

ヒートポンプ式乾燥機による乾燥食品の品質評価に関する研究

レコードナンバー890439論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034070NACSIS書誌IDAA12170965
著者名山崎 慎也
神津 和重
書誌名長野県工業技術総合センター研究報告 = Research reports of Nagano Prefecture General Industrial Technology Center
発行元長野県工業技術総合センター
巻号,ページ9号, p.183-185(2014-10)ISSN18813119
全文表示PDFファイル (1709KB) 
抄録近年,6次産業化の推進により自ら作物を加工する農業者が増えている。そのような背景を受けて,オリオン機械(株)は自社の保有技術を活かしたヒートポンプ式乾燥機「ドライマン」を開発した。当センターではドライマンの乾燥特性を把握することを目的として,ドライマンによって作製されたドライトマトの遊離アミノ酸,およびリコピンの定量分析を行った。また保存条件がリコピンの量に与える影響についても検討を行った。その結果,遊離アミノ酸は乾燥温度が上がるにつれて減少し,リコピンは中間の50℃で最も量が多くなることが示された。また保存条件としては,冷蔵でも室温でも構わないが,光と酸素を遮断することが最もリコピンを保持することが示された。
索引語リコピン;ドライマン;ヒートポンプ式乾燥機;量;遊離アミノ酸;保存条件;オリオン機械(株);光;乾燥食品;品質評価
引用文献数3
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat