飼料用籾米サイレージ調製試験

飼料用籾米サイレージ調製試験

レコードナンバー890615論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20527766NACSIS書誌IDAA12695313
著者名福井 弘之
横石 和也
書誌名徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究課研究報告 = Bulletin of Tokushima Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Technology Support Center Livestock Research Division
別誌名徳島県畜産研究課研究報告
Bull. Tokushima. Pref. Lives. Res. Div.
徳島畜研報
発行元徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究課
巻号,ページ13号, p.53-55(2014-03)ISSN21886083
全文表示PDFファイル (2251KB) 
抄録飼料用籾米サイレージの長期保存における品質保持技術の確立を目的に、乳酸菌、プロピオン酸の添加試験を行った。サイレージのpHは乳酸菌添加区で4.17~4.60と低い値となり、貯蔵日数が長くなるほど低下した。プロピオン酸添加区、無添加区も貯蔵日数が長くなるほど低下したが5.97~5.02と高い値となった。サイレージのVBN/T-Nは全体にかなり低い値であった。乳酸含量は、全区で貯蔵日数が長くなるほど値が増加した。その中で乳酸菌添加区が他の区よりも含量が多く、サイマスター、サイレート添加区の300日貯蔵で0.6%以上となった。酢酸含量は、11GFT添加区の300日貯蔵で0.59%と他の試験区より高い値となった。全ての区で300日保存してもサイレージ品質は良好で、カビ、虫の発生はなかった。
索引語値;サイレージ;貯蔵日数;乳酸菌添加区;低下;飼料用籾米サイレージ;VBN;T-N;含量;カビ
引用文献数5
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat