蕾切りシュッコンカスミソウ切り花へのショ糖処理方法が部位別糖含量および切り花品質に及ぼす影響

蕾切りシュッコンカスミソウ切り花へのショ糖処理方法が部位別糖含量および切り花品質に及ぼす影響

レコードナンバー890622論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20501027NACSIS書誌IDAA12610092
著者名宮前 治加
伊東 卓爾
小谷 真主
神藤 宏
書誌名和歌山県農林水産試験研究機関研究報告
別誌名和歌山農林水研報
発行元和歌山県農林水産部
巻号,ページ1号, p.39-48(2013-03)ISSN21875634
全文表示PDFファイル (2244KB) 
抄録1. ほ場で植栽された状態で開花したシュッコンカスミソウ小花は,半開時から満開時にブドウ糖と果糖が急激に増加し,満開小花の全糖含量は,‘雪ん子’で54.5mg・g-1,‘アルタイル’で53.5mg・g-1であった。2. 第2小花開花時に収穫したシュッコンカスミソウ切り花を0,2,4,6%のショ糖溶液で48時間処理した後,蒸留水に生け替え,部位別(1次茎,2次茎,小花)に糖含量の推移を調査した。この結果,ショ糖処理直後の茎中には処理濃度に応じてショ糖が蓄積されたが,その後は急激に減少した。このことから,吸収したショ糖は,茎から直接開花段階の小花に移行し,茎に蓄積されないことが推察された。一方,ショ糖処理直後の小花には,ブドウ糖と果糖が処理濃度の高い区ほど多く蓄積され,その後は徐々に減少したが,4%,6%区では,処理後6日目まで高い値で推移した。3. 室温20℃,光強度30μmol・m-2・S-1,24時間照明とした条件下で,ショ糖の処理期間を3水準(2日,4日,連続),ショ糖処理濃度を2水準(2%,4%)としてショ糖の処理期間と処理濃度が切り花品質に及ぼす影響を調査した。この結果,ショ糖濃度2%で4日,4%で2日の処理で12日後に90%の小花が開花し,小花中の糖含量も高い水準で推移した。
索引語小花;ショ糖;糖含量;茎;処理期間;処理濃度;推移;蓄積;切り花品質;影響
引用文献数18
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat