長伐期施業に向けたスギ立木幹材積に関する研究

長伐期施業に向けたスギ立木幹材積に関する研究

レコードナンバー890678論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039591NACSIS書誌IDAA12517166
著者名伊藤 俊一
梅田 久男
中澤 健一
書誌名林業技術総合センター成果報告
発行元宮城県林業技術総合センター
巻号,ページ21号, p.1-11(2012-12)ISSN21859167
全文表示PDFファイル (2210KB) 
抄録スギの長伐期化への対応として,昭和42年3月に調製された宮城県民有林スギ立木幹材積表の適用範囲を超える立木への適応を図るため,新たにスギ立木幹材積表を調製した。県内複数地域のスギ高齢木8本を資料とし,樹幹の生長過程を明らかにするため樹幹解析を行った。縦断形を求めるため,断面高ごとに採取した円板の年輪数を解析し,成長曲線及び成長率を求めたところ,生長量では明瞭な低下は見られなかった。また,相対幹形の変化を比較するため,優勢木と劣勢木を林齢別に解析したところ,樹幹の主要部分は極めて高い近似度を示した。一般に,スギは高齢木でも樹高は生長を続け,相対幹形は林齢とともに完満となり,同じ胸高直径・樹高でも材積は大きくなることが知られているが,現在使用されている立木幹材積表では,高齢木の材積値が過小評価されるおそれがある。今後も人工林の高齢化は確実であるため,適用範囲の上限を拡大したスギ立木幹材積を調整した。
索引語解析;スギ立木幹材積;スギ;樹幹;高齢木;調製;適用範囲;相対幹形;林齢;樹高
引用文献数5
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat