弁付導管による肺動脈弁置換術の基礎的検討

弁付導管による肺動脈弁置換術の基礎的検討

レコードナンバー890703論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名篠田 麻子
水越 崇博
船山 麻理菜
水野 壮司
水野 祐
藤原 めぐみ
上地 正実
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ68巻・ 1号, p.49-54(2015-01)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (864KB) 
抄録本研究の目的は,二尖弁の弁付導管を作成し肺動脈弁位に置換後の可動性,石灰化,抗血栓性を評価することである。供試犬は4頭の健常犬とした。弁付導管は,新鮮生体膜総鞘膜,デナコール処理済み生体膜あるいはePTFEパッチをトリミングして作製した。置換後の心臓超音波検査では弁の良好な可動性が確認できた。置換6カ月後の病理学的所見では血栓形成や顕著な石灰化は認められなかった。導管の内壁及び弁縫合周囲において線維芽細胞を含む内皮形成が認められた。今後,弁付導管置換後の機能についてより長期にわたり検討する必要が残るが,本研究の結果から,重度肺動脈狭窄症の犬に対する治療法として弁付導管による肺動脈弁置換術の有効性が示唆された。
索引語導管;肺動脈弁置換術;可動性;石灰化;弁;供試犬;基礎的検討;犬;目的;作成
引用文献数21
登録日2015年05月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat