横浜市の住居地域とその他の地域におけるノラネコの個体数と日中の移動距離

横浜市の住居地域とその他の地域におけるノラネコの個体数と日中の移動距離

レコードナンバー890945論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019368NACSIS書誌IDAA12018166
著者名植竹 勝治
田中 瑞穂
野坂 香林
桑原 亮祐
山田 佐代子
金子 一幸
田中 智夫
書誌名Animal behaviour and management
別誌名日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌
発行元日本家畜管理学会
巻号,ページ50巻・ 4号, p.169-173(2014-12)ISSN18802133
全文表示PDFファイル (762KB) 
抄録都市部住居地域等におけるノラネコの個体数および日中の移動距離に関する基礎的データを得るため、横浜市においてルートセンサス法による野外調査を実施した。各調査地域(住居専用4地域とその他の用地区分4地域の計8地域)において、1日3回の徒歩によるルートセンサスを2010年から2013年のそれぞれ3月、7月、11月に実施した。ルート上にネコを発見するごとに、その地点を地図上にプロットした。住居専用4地域における平均個体数(8.7±3.9頭/10,000m2)は、その他の用地区分4地域(3.6±2.2頭/10,000m2)よりも有意に(P<0.05)多かった。未去勢雄の日中の移動距離(62.9±44.2m)は、去勢雄(34.0±24.7m)よりも長い傾向(P=0.06)にあった一方で、未避妊雌(30.0±20.0m)と避妊雌(33.1±17.4m)の移動距離に有意差は認められなかった。
索引語移動距離;ノラネコ;個体数;横浜市;地域;実施;平均個体数;未去勢雄;去勢雄;傾向
引用文献数18
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat