黒毛和種哺乳子牛の生時体重を考慮した強化哺育技術の開発

黒毛和種哺乳子牛の生時体重を考慮した強化哺育技術の開発

レコードナンバー890951論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20522941NACSIS書誌IDAA12675451
著者名西 博巳
樋口 徹郎
川畑 明治
上山 繁成
松田 謙志
書誌名鹿児島県農業開発総合センター研究報告
別誌名Bull. Kagoshima. Pref. Ins. for Agri. Dev.
鹿児島農総セ研報
発行元鹿児島県農業開発総合センター
巻号,ページ8号, p.41-48(2014-03)ISSN18818609
全文表示PDFファイル (1588KB) 
抄録黒毛和種子牛の人工哺育における高タンパク低脂肪代用乳の効果を検討したところ,従来の代用乳より多くの量を給与可能であり,発育改善に効果があることが確認できた。また,代用乳の最大摂取量,哺乳期間,減乳期間等について代用乳および人工乳の摂取状況,体高,体重等の発育値を検討した結果,生時体重30kg以上と30kg未満で代用乳の最大給与量摂取可能日齢および摂取可能量に差が見られた。これらのことから生時体重に応じた2つの人工哺育体系を開発した。
索引語代用乳;生時体重;開発;効果;検討;高タンパク低脂肪代用乳;哺乳期間;減乳期間;人工乳;黒毛和種哺乳子牛
引用文献数7
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat