日本産ヨモギツブセンチュウのITS1-5.8SrDNA-ITS2領域の塩基配列の解析

日本産ヨモギツブセンチュウのITS1-5.8SrDNA-ITS2領域の塩基配列の解析

レコードナンバー891013論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20037135NACSIS書誌IDAA12415279
著者名大胡 聖嗣
竹内 智昭
菊地 泰生
小倉 信夫
書誌名Nematological research
別誌名日本線虫学会誌
発行元日本線虫学会
巻号,ページ44巻・ 2号, p.49-53(2014-12)ISSN
全文表示PDFファイル (332KB) 
抄録本邦でのヨモギツブセンチュウSubanguina moxaeの生息地は点在している。そこで、7か所の採集地(つくば、大月、安曇、島々、梓川、遊佐および富士川)の個体群において地理的な生息地の違いが塩基配列の違いとしてITS1-5.8SrDNA-ITS2領域に生じているかを調査した。また、本邦産とロシア連邦沿海地方産および中国雲南省産の同部位の塩基配列を比較した。その結果、本邦の各採集地の個体群間では塩基配列の同一性は99.7~100%(672~674/674塩基)であり、3地点(つくば、遊佐および富士川)の個体群の塩基配列が完全に一致した。本邦産とロシア産との比較では、99.7~100%の同一性であった。本邦産と中国産との比較では、同一性は99.1~99.4%(668~670/674塩基)であった。本邦産とロシア連邦沿海地方産および本邦産と中国雲南省産との間のITS領域の同一性は、それぞれの直線距離が短いほど高くなり、距離が長いほど低くなった。しかし、つくば、遊佐および富士川産とロシア連邦沿海地方産の線虫のITS領域の塩基配列は完全に一致した。また、本邦での各採集地における個体群間のITS領域の同一性の高さと採集地間の直線距離に一定した関連がみられなかった。したがって、中国雲南省のヨモギツブセンチュウは本邦産やロシア連邦沿海地方産とは時間的に異なる時点で分岐し、距離が離れていった可能性があるが、更に各地点の中間地点およびその他の国でヨモギツブセンチュウの分布調査を行い、解析を行う必要がある。
索引語塩基配列;本邦産;同一性;ロシア連邦沿海地方産;本邦;距離;ヨモギツブセンチュウ;つくば;遊佐;比較
引用文献数16
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat