北海道産GABA富化米の最適製造条件の設定とヒトへの抗ストレス作用

北海道産GABA富化米の最適製造条件の設定とヒトへの抗ストレス作用

レコードナンバー891024論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名吉田 慎一
原本 正文
福田 朋彦
水野 英則
田中 藍子
西村 三恵
西平 順
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ62巻・ 2号, p.95-103(2015-02)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (2617KB) 
抄録穀物GABA富化装置を用いてGABA含有量を富化した北海道米「ゆめぴりか」を材料に,最適な富化処理条件の設定とヒトへの抗ストレス効果を検証した。精白米のGABA含有量,炊飯米の官能評価および香気成分分析から,最適な富化処理時間を3時間と定めた。次に,プラセボ(通常の精白米)を対照とした10週間の二重盲検並行群間試験を実施した。被験者は39名であった(被験食群22名,プラセボ食群17名)。VASテストの結果から,GABA富化米の摂取により精神状態と睡眠の質が改善される傾向が見られた。また,コルチゾールとアディポネクチンの血中濃度から,GABA富化米の摂取によりストレス負荷が軽減される傾向が見られた。以上より,3時間の富化処理下で製造したGABA富化米は,ストレス負荷を緩やかに軽減させる効果を有する可能性が示唆された。
索引語GABA富化米;設定;ヒト;精白米;摂取;傾向;ストレス負荷;軽減;富化;用いてGABA含有量
引用文献数34
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat