サツマイモ焼酎の冬虫夏草スピリッツの抽出物の機能性解析(1)

サツマイモ焼酎の冬虫夏草スピリッツの抽出物の機能性解析(1)

レコードナンバー891111論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020787NACSIS書誌IDAN10034389
論文副題ヒト大腸癌細胞における細胞増殖抑制及びアポトーシス誘導作用
著者名章 超
坂尾 こず枝
小野 友愛
高瀬 良和
岩井 謙一
侯 徳興
書誌名日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan
発行元日本醸造協会
巻号,ページ110巻・ 2号, p.110-116(2015-02)ISSN09147314
全文表示PDFファイル (7288KB) 
抄録サツマイモ焼酎の冬虫夏草スピリッツ(SCS)は,ミリタリス冬虫夏草子実体をサツマイモ焼酎に浸漬させることより作製した。HP20,SephadexG-25,HPLC(C-18)により得られたSCSの画分について,ヒト大腸癌細胞(HCT-116)の増殖抑制能及びアポトーシス誘導能の解析並びにその活性成分の同定を行った。(1)SCSから分画されたFraction 1C-IIIがHCT-116細胞の増殖に対して,各画分の中で最大の抑制効果を示し,そのIC50値は1.84μg/mlであった。(2)Fraction 1C-IIIが4.0μg/ml,48時間でHCT-116細胞のDNA断片化,カスパーゼ-3の活性化及びPARPの開裂を誘導し,癌細胞のアポトーシスを引き起こした。(3)HPLC,FT-IR及びNMRの測定によりFraction 1C-IIIの主成分はコルジセピンであることを明らかにした。以上の結果から,SCS中の主成分コルジセピンは,ヒト大腸癌細胞HCT-116のアポトーシスを誘導し,癌細胞の増殖を抑制することが明らかとなった。
索引語サツマイモ焼酎;HPLC;癌細胞;SCS;HCT;Fraction;冬虫夏草スピリッツ;ヒト大腸癌細胞;増殖;誘導
引用文献数17
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat