自治体における気候変動適応策の施策化過程に関する課題と解決策

自治体における気候変動適応策の施策化過程に関する課題と解決策

レコードナンバー891332論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
論文副題インタラクティブ・アプローチの検証とワークショップの実践
著者名市橋 新
馬場 健司
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ28巻・ 1号, p.27-36(2015-01)ISSN09150048
全文表示PDFファイル (2381KB) 
抄録将来の気候変動による被害の最小化には,適応策が不可欠であり,行政においては適応策を早急に施策化していく必要がある。しかし,その過程には,気候変動予測の特性による関係者の議論の停滞,関係者の当事者意識醸成の困難,適応策施策化における具体的手順の欠如などの課題が存在する。これらの課題を克服する方法論として,行政において適応策推進に携わった経験を活かしてインタラクティブ・アプローチを具体的に提案した。インタラクティブ・アプローチは,国内で今まで提案されてきた気候変動予測を基本とした包括的なアプローチと既存施策の検証から入る個別のアプローチの併用により,適応策のよりスムーズな施策への導入を目指すものである。本アプローチについて,海外の先進的自治体の気候変動適応担当者にヒアリングを行い,妥当性を検証した。さらに本アプローチの一部を日本の自治体でケーススタディとして実施,国内での実効性の検証を行った。その結果,適応策を既に進めている多くの海外自治体担当者に賛同の意見を得ることができ,さらにケーススタディの結果,施策立案の方法としての可能性が示めされ,本アプローチの妥当性,実効性に一定の自信を持つことができた。
索引語アプローチ;検証;適応策;課題;本アプローチ;自治体;行政;気候変動予測;関係者;国内
引用文献数6
登録日2015年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat