琵琶湖北部の森林流域から流出する硫酸イオンの動態と起源解析

琵琶湖北部の森林流域から流出する硫酸イオンの動態と起源解析

レコードナンバー891347論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016414NACSIS書誌IDAN0024866X
著者名中澤 暦
堀江 清悟
永淵 修
尾坂 兼一
西村 拓朗
書誌名陸水學雜誌
別誌名Japanese journal of limnology
発行元日本陸水學會
巻号,ページ76巻・ 1号, p.11-23(2015-01)ISSN00215104
全文表示PDFファイル (3670KB) 
抄録近年,越境大気汚染が大きな社会問題となっているが,森林生態系における物質循環,渓流水質形成過程を解明するには,その発生源の推定が重要な課題の一つである。ここでは,硫黄酸化物について中国大陸に近い琵琶湖北部の2森林流域を選定し流域に沈着し流出する硫酸イオン(SO4 2-)の起源を検討するために降水と渓流水のSO4 2-と硫黄安定同位体比(δ34S)を測定した。1990年以降の降水中のSO4 2-,nss-δ34Sは,朽木(2.16mg L-1; +5.28‰),摺墨(2.27mg L-1; +5.89‰)共に差はなかったが,渓流水中のSO4 2-,nss-δ34Sは朽木(1.60 mg L-1; +2.14‰)と摺墨(6.58mg L-1; -3.97‰)では大きく異なった。これは,森林流域では大気降下物中の成分が渓流水中に至る間には樹冠と土壌があるが,そこに捕捉される乾性降下物の多寡により渓流水質に差が生じた結果と考えられた。樹冠の乏しい朽木渓流群では中国大陸からの汚染物質,針葉樹の密な樹冠をもつ摺墨渓流群では中国大陸からの汚染物質の影響よりも近傍を通過する道路からの影響を強く受けた渓流水中nss-δ34Sの値となったと考えられた。
索引語樹冠;琵琶湖北部;流出;硫酸イオン;森林流域;流域;沈着;渓流水;動態;起源解析
引用文献数20
登録日2015年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat