luxS/AI-2 quorum sensingは抗菌剤に対するStreptococcus agalactiaeの感受性低下に関与する

luxS/AI-2 quorum sensingは抗菌剤に対するStreptococcus agalactiaeの感受性低下に関与する

レコードナンバー891424論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名Ma Y.P.
Ke H.
Hao L.
Liu Z.X.
Liang Z.L.
Ma J.Y.
Yang H.C.
Li Y.G.
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ50巻・ 1号, p.8-15(2015-03)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (846KB) 
抄録S. agalactiaeの薬剤感受性へのquorum sensingの関与を検討するため,S. agalactiae CNEP110823株(親株)からautoinducer-2(AI-2)生合成酵素LuxSの遺伝子破壊変異株(SX1)を作製し,抗菌剤に対する感受性を調べた。その結果,cefradineとnorfloxacinに対する感受性が低下した。luxS遺伝子を組み込んだプラスミドをSX1株に導入した菌株(SX2)は親株と同等の感受性を示した。また,AI-2の前駆物質である4,5-dihydroxy-2,3-pentanedioneをSX1株に作用させたとき,感受性の回復が観察された。以上のことから,luxS/AI-2 quorum sensingはS. agalactiaeのcefradineとnorfloxacinに対する感受性に関与することが分かった。
索引語感受性;sensing;AI;関与;agalactiae;抗菌剤;Streptococcus agalactiae;親株;生合成酵素LuxS;感受性低下
引用文献数35
登録日2015年06月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat