希少糖D-プシコースが高脂肪食ラットの糖代謝に及ぼす影響

希少糖D-プシコースが高脂肪食ラットの糖代謝に及ぼす影響

レコードナンバー891439論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013930NACSIS書誌IDAN00038339
著者名檜垣 俊介
松尾 達博
書誌名香川大学農学部学術報告
別誌名Technical bulletin of Faculty of Agriculture, Kagawa University
Kagawa Daigaku Nôgakubu gakujutsu hôkoku
発行元香川大学農学部
巻号,ページ67巻・ p.55-62(2015-02)ISSN03685128
全文表示PDFファイル (490KB) 
抄録希少糖D-プシコースを高脂肪食に添加した食餌を非常に長い期間ラットに摂取させ,D-プシコースが糖代謝に及ぼす影響について検討した。3週齢のWistar系雄ラット61匹を3群に分け,それぞれ高炭水化物食(HC),高脂肪食(HF)および3%D-プシコース添加高脂肪食(HFP)を自由に与え,全てのラットが死亡するまで飼育した。実験開始6,18,24ヶ月後に経口糖負荷試験(OGTT)を,12,18,24,30ヶ月後に血液生化学試験を実施した。30ヶ月までの体重は,HC群に比べてHF群およびHFP群で有意に高値であったが,HFP群とHF群の間には差を認めず,D-プシコース添加による抗肥満作用は認められなかった。OGTTにおいて,血糖値および血漿インスリン濃度の経時的変動,血糖値時間曲線下面積(AUC)には各群間に差は見られなかったが,インスリンAUCおよびインスリン抵抗性の指標であるHOMA-R値は,HFP,HF,HC群の順に低い傾向にあった。また血液生化学検査において,検査時期に関わらず糖代謝および脂質代謝指標には,HF群およびHFP群の間に有意な差を認めなかった。以上の結果から,非常に長期にわたりD-プシコース添加高脂肪食をラットに摂取させた場合,D-プシコースによる糖代謝改善作用を確認できなかった。
索引語プシコース;糖代謝;ラット;OGTT;HFP群;影響;高脂肪食;差;摂取;プシコース添加高脂肪食
引用文献数11
登録日2015年06月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat