簡易設置型パッドアンドファン冷房が高温期のハウス内温度,飽差並びにトマトの生育,収量に及ぼす影響

簡易設置型パッドアンドファン冷房が高温期のハウス内温度,飽差並びにトマトの生育,収量に及ぼす影響

レコードナンバー891607論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009960NACSIS書誌IDAA11834662
著者名渡邉 圭太
中西 幸太郎
光川 嘉則
櫻井 基生
書誌名兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告. 農業編 = Bulletin of the Hyogo Prefectural Technology Center for Agriculture, Forestry and Fisheries. Agriculture section
発行元兵庫県立農林水産技術総合センター
巻号,ページ62号, p.14-18(2014-03)ISSN13477722
全文表示PDFファイル (2926KB) 
抄録簡易設置型パットアンドファンによる加湿冷却が,夏季高温期の施設トマト栽培にもたらす昇温抑制効果並びに生育・収量に及ぼす影響について検討したところ,次の結果を得た。1 ハウス内気温および地温が低下するとともに,飽差が縮小し,顕著な加湿冷却効果が得られた。2 草丈および茎径とも簡易設置型パットアンドファン区が対照区を上回り,トマトの生育が旺盛となった。3 果実の糖度は両区でほぼ同等であったが,着果率,全果重,1果重および正常果率が増加し,増収効果が得られた。4 天窓や天井扇を追加し換気を促進することで,加湿冷却効果がさらに向上した。
索引語生育;トマト;収量;影響;飽差並び;加湿冷却効果;ハウス内気温および地温;飽差;簡易設置型パッドアンドファン冷房;ハウス内温度
引用文献数7
登録日2015年06月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat