若狭湾西部海域における褐藻クロメの分布特性および季節的消長

若狭湾西部海域における褐藻クロメの分布特性および季節的消長

レコードナンバー891616論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038127NACSIS書誌IDAA12464809
著者名西垣 友和
道家 章生
書誌名京都府農林水産技術センター海洋センター研究報告
発行元京都府農林水産技術センター海洋センター
巻号,ページ37号, p.1-6(2015-03)ISSN03865290
外部リンク
全文表示PDFファイル (3008KB) 
抄録若狭湾西部海域におけるカジメ属褐藻クロメの生態を把握することを目的として,磯葛島南東岸においてクロメの分布特性および季節的消長を調査した。クロメは水深3m以深で分布が確認されたが,水深4.5m以浅では主として多種のホンダワラ科海藻類の混生群落が,それ以深ではクロメ,ヤナギモク,ノコギリモクを主体とした混生群落が認められた。クロメの中央葉長,最大側葉長および湿重量は,初夏(5~6月)に最大となり,その後末枯れによって減少し,冬(12~2月)に最小となる季節変動を示した。子嚢斑の形成される成熟期は10~12月(盛期は11月)であった。
索引語クロメ;若狭湾西部海域;分布特性;季節的消長;混生群落;褐藻クロメ;カジメ属褐藻クロメ;磯葛島南東岸;確認;多種
引用文献数17
登録日2015年06月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat