肥育開始月齢および出荷月齢の違いが黒毛和種肥育牛に及ぼす影響

肥育開始月齢および出荷月齢の違いが黒毛和種肥育牛に及ぼす影響

レコードナンバー891756論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021489NACSIS書誌IDAA11392134
著者名中武 好美
鍋倉 弘良
竹之山 愼一
書誌名宮崎県畜産試験場試験研究報告 = Bulletin of the Miyazaki Livestock Experiment Station
別誌名Bull. Miyazaki Livestock Exp. Sta
宮崎畜試研報
発行元宮崎県畜産試験場
巻号,ページ26号, p.17-21(2014-12)ISSN09187278
全文表示PDFファイル (675KB) 
抄録黒毛和種去勢牛において通常より3カ月早め生後7カ月齢から肥育を開始し、通常より4カ月出荷を早め24カ月齢で出荷する試験区1と、肥育開始は通常と同じ生後10カ月齢とし、24カ月齢で出荷する試験区2および肥育開始を生後10カ月齢、出荷を通常と同じ28カ月齢とした対照区を設け、以下の成績が得られた。・肥育期間中のDGについて3区を比較したところ、試験区1で大きく試験区2で小さい傾向にあった。・濃厚飼料摂取量は、肥育期間の短い試験区2で少ない傾向にあった。また、粗飼料摂取量は両試験区とも少ない傾向にあり、肥育開始直後から摂取量の低下がみられた。・枝肉成績において、両試験区で肉色が濃く、試験区1においてはきめやしまりが良くない傾向にあった。また、枝肉重量は両試験区とも対照区と比較して小さい傾向にあった。・胸最長筋および皮下脂肪の脂肪酸組成については、ともに対照区でオレイン酸含量が高い傾向にあった。・胸最長筋、皮下脂肪および筋間脂肪のビタミンE含量は試験区1で高い傾向にあった。
索引語傾向;出荷;両試験区;肥育開始;24カ月齢;生後10カ月齢;比較;胸最長筋;皮下脂肪;DG
引用文献数3
登録日2015年06月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat