北海道十勝地方のカラマツ高齢級人工林に共通する林相の特徴と長伐期施業の要件

北海道十勝地方のカラマツ高齢級人工林に共通する林相の特徴と長伐期施業の要件

レコードナンバー891842論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20006294NACSIS書誌IDAA11595357
著者名岩崎 ちひろ
渋谷 正人
石橋 聰
高橋 正義
書誌名北海道大学演習林研究報告 = Research bulletin of the Hokkaido University Forests
発行元北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
巻号,ページ70巻・ 1号, p.21-30(2015-03)ISSN13470981
全文表示PDFファイル (2254KB) 
抄録カラマツ人工林の長伐期施業に必要な条件を検討するため、北海道十勝地方の54~80年生のカラマツ人工林20林分で林相の特徴を把握した。また、長伐期化する林分に重要な風害抵抗性に着目し、耐風性の指標としてよく用いられる形状比と樹冠長率を検討した。その結果、密度や蓄積、収量比数が小さく、疎仕立て状の林分が多かった。平均形状比は68~90、平均樹冠長率は0.42~0.62であった。既存研究で風害抵抗性が高いカラマツ人工林は、平均形状比が70未満、平均樹冠長率が0.45以上とされているが、本研究の結果では、樹冠長率は既往の値と一致したが、形状比は一致しなかった。このことから、樹冠長率は風害抵抗性を指標する樹形要素として汎用性が高い可能性があると考えられ、その場合平均樹冠長率が0.45以上であることがカラマツの長伐期林に必要な条件と仮定された。そこで、この仮定に基づいて平均樹冠長率0.45以上を維持する密度管理方法を検討した。その結果、I等地では、収量比数を25年生時に0.8以下、30年生以上では0.6未満で管理する必要があり、また林齢にともなって、さらに収量比数を小さく疎な状態に維持しなければならないことが明らかとなった。
索引語樹冠長率;検討;風害抵抗性;北海道十勝地方;林相;特徴;長伐期施業;形状比;平均樹冠長率;カラマツ人工林
引用文献数38
登録日2015年07月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat