追肥窒素時期の違いが秋まき小麦「きたほなみ」の穂数・子実収量・子実タンパクおよび施肥窒素利用率に及ぼす影響

追肥窒素時期の違いが秋まき小麦「きたほなみ」の穂数・子実収量・子実タンパクおよび施肥窒素利用率に及ぼす影響

レコードナンバー891849論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039729NACSIS書誌IDAA12521265
著者名笛木 伸彦
中村 隆一
沢口 敦史
渡部 敢
鈴木 剛
内田 哲嗣
小野寺 政行
書誌名北海道立総合研究機構農業試験場集報 = Bulletin of Hokkaido Research Organization Agricultural Experiment Stations
別誌名道総研農試集報
発行元北海道立総合研究機構農業研究本部
巻号,ページ99号, p.61-72(2015-03)ISSN21861048
全文表示PDFファイル (524KB) 
抄録北海道における秋まき小麦新品種「きたほなみ」は多収である一方,茎数過多によって倒伏しやすいことと,低タンパクとなりやすいことから,窒素追肥法の最適化を図る必要がある。したがって,著者らはこれらの問題の回避を主眼として,起生期および幼穂形成期について,窒素追肥時期の違いを比較した。さらに,幼穂形成期・止葉期・開花期について窒素追肥時期の違いを検討した。幼穂形成期の窒素追肥は,起生期の窒素追肥に比べて茎数・穂数の増加を抑制するだけでなく,減収を伴わずに収穫指数(HI)や一穂粒数および子実タンパクを増加させた。このことから,「きたほなみ」のような茎数過多や低タンパクになりやすい秋まき小麦品種には,起生期追肥よりも幼穂形成期追肥がより適することが示唆された。さらに,幼穂形成期・止葉期・開花期について窒素追肥時期の違いを比較した結果,「きたほなみ」の施肥反応の特徴として以下の3点が明らかになった。(1) 早期の窒素追肥には茎数・穂数の過多を助長し倒伏のリスクを高める傾向がある。(2) 後期の窒素追肥には過繁茂を助長する傾向はない。(3) 後期の窒素追肥の窒素利用率は高く,千粒重,容積重および子実タンパクを高める傾向がある。以上の結果は,「きたほなみ」のような生育後半の過繁茂と低タンパクを引き起こしやすい品種に対して効果的な窒素施肥法を構築する際の参考になると考えられる。
索引語ほなみ;幼穂形成期;穂数;窒素追肥;違い;子実タンパク;起生期;開花期;茎数;後期
引用文献数13
登録日2015年07月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat