長野県黒毛和種繁殖雌牛におけるグレリン受容体遺伝子塩基多型(nt-7(C>A))の判定と枝肉重量および皮下脂肪厚の育種価との関連性

長野県黒毛和種繁殖雌牛におけるグレリン受容体遺伝子塩基多型(nt-7(C>A))の判定と枝肉重量および皮下脂肪厚の育種価との関連性

レコードナンバー891887論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010368NACSIS書誌IDAN00350451
著者名藤森 祐紀
佐藤 隆
市川 祐司
高橋 秀彰
小松 正憲
西條 勝宜
書誌名長野県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Nagano Animal Industry Experiment Station
巻号,ページ33号, p.1-3(2015-03)ISSN03893545
全文表示PDFファイル (518KB) 
抄録成長ホルモン分泌や摂食亢進作用を持つ「グレリン」の機能を発揮させる重要な受容体であるグレリン受容体は、細胞膜を7回貫通するGタンパク質共役型受容体のひとつで、本遺伝子のnt-7(C>A)座位の塩基多型は産肉形質に影響を及ぼすことが明らかにされている。そこで畜産試験場繋養繁殖雌牛の遺伝子型を調査した結果、AC型とCC型間では枝肉重量と皮下脂肪厚の育種価に有意な差が認められた(AC型>CC型)。このことにより、グレリン受容体遺伝子の塩基多型を判定することで、推定育種価判明前に枝肉重量と皮下脂肪厚の遺伝的能力を推定することが可能であることが示唆された。
索引語枝肉重量;皮下脂肪厚;nt;C>判定;グレリン受容体遺伝子塩基多型;育種価;塩基多型;グレリン;グレリン受容体
引用文献数5
登録日2015年07月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat