周辺環境が魚類の放射性セシウム蓄積に及ぼす影響の解明(平成25年度)

周辺環境が魚類の放射性セシウム蓄積に及ぼす影響の解明(平成25年度)

レコードナンバー892036論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014120NACSIS書誌IDAN00393090
論文副題中禅寺湖におけるサケ科魚類の食性調査
著者名横塚 哲也
小堀 功男
書誌名栃木県水産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Fisheries Experiment Station
発行元[栃木県水産試験場]
巻号,ページ58号, p.18(2015-02)ISSN13408585
全文表示PDFファイル (70KB) 
抄録サケ科魚類への放射性セシウムの移行経路を把握するため,ブラウントラウトとレイクトラウトの胃内容物を調査しました。ブラウントラウトはヨシノボリをよく摂餌しており,その他巻貝や水生昆虫,陸生昆虫を摂餌する傾向が見られました。一方で,レイクトラウトはウグイやワカサギ,ヒメマスなどの魚類をよく摂餌しており,その他エビ類やユスリカ蛹を摂餌する傾向が見られました。以上のことから,これら2種は利用する餌生物が異なり,放射性セシウムの主要な移行経路が異なる可能性が考えられました。
索引語摂餌;傾向;魚類;サケ科魚類;放射性セシウム;移行経路;ブラウントラウト;レイクトラウト;巻貝;水生昆虫
引用文献数2
登録日2015年07月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat