ミヤコタナゴ稚魚の生息環境評価モデルの応用(平成25年度)

ミヤコタナゴ稚魚の生息環境評価モデルの応用(平成25年度)

レコードナンバー892057論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014120NACSIS書誌IDAN00393090
論文副題羽田ミヤコタナゴ生息地保護区における稚魚の生息環境評価と環境改善手法の検討
著者名綱川 孝俊
高木 優也
石川 孝典
吉田 豊
久保田 仁志
書誌名栃木県水産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Fisheries Experiment Station
発行元[栃木県水産試験場]
巻号,ページ58号, p.62-63(2015-02)ISSN13408585
全文表示PDFファイル (805KB) 
抄録ミヤコタナゴの再導入を成功させるためには,ミヤコタナゴの稚魚期における生息環境の存在が必要不可欠であり,その存在量の把握と改善方法を検討することが必要です。そこで,汎用性が確認されているミヤコタナゴ稚魚の生息環境評価モデルを用い,現状の羽田生息地における稚魚の生息環境の評価と,生息環境改善手法を検討しました。その結果,水路上流部で稚魚の生息場が少ないことが明らかとなりました。また,水深を15cm深くし,かつ植物帯の維持・導入を仮定した場合に稚魚の生息確率が高く見積もられたことから,水路の掘削により水深を大きくすること,水際の陸上植物や抽水植物の被覆を残すこと,あるいは導入するといった環境改善により,稚魚の生息場を造成することができるものと考えられます。
索引語稚魚;導入;検討;ミヤコタナゴ稚魚;生息環境評価モデル;生息環境;ミヤコタナゴ;生息場;水深;応用
引用文献数1
登録日2015年07月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat