2012/2013シーズンに検出されたノロウイルスの遺伝子解析

2012/2013シーズンに検出されたノロウイルスの遺伝子解析

レコードナンバー892282論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008623NACSIS書誌IDAA11907573
著者名寺嶋 由佳理
薦田 博也
書誌名香川県環境保健研究センター所報 = Annual report of Kagawa Prefectural Research Institute for Environmental Sciences and Public Health
発行元香川県環境保健研究センター
巻号,ページ13号, p.77-80(2014-12)ISSN1347698X
全文表示PDFファイル (1012KB) 
抄録2012/2013シーズンは、全国でノロウイルスによる胃腸炎の患者数が増加し、香川県でも感染性胃腸炎の患者数が12月中旬頃には定点当たりで全国2位となるなど急激に増加した。また、全国の感染症事例や食中毒事例からノロウイルスGII/4変異株が検出されたとの報告があった。香川県内にノロウイルスGII/4変異株が浸淫しているかを確認するため、感染症発生動向調査事業で、感染性胃腸炎で搬入された検体からノロウイルスGIIを検出した24検体について遺伝子解析を実施した。
索引語検出;ノロウイルス;遺伝子解析;全国;増加;感染性胃腸炎;胃腸炎;香川県;検体;感染症事例
引用文献数2
登録日2015年09月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat