飼料体系の違いが比内地鶏の生産性および肉質に及ぼす影響

飼料体系の違いが比内地鶏の生産性および肉質に及ぼす影響

レコードナンバー892315論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20503872NACSIS書誌IDAA12612542
著者名高橋 大希
力丸 宗弘
小松 恵
塚本 研一
書誌名秋田県畜産試験場研究報告
別誌名Bull. Akita. Pref. Livest. Exp. Stn.
秋田畜試研報
発行元秋田県畜産試験場
巻号,ページ28号, p.90-95(2014-03)ISSN21876428
全文表示PDFファイル (248KB) 
抄録飼料体系の違いが比内地鶏の生産性および品質に及ぼす影響を明らかにするため,県内で利用されている2つの飼料体系および当場で考案したものからなる3つの飼料体系で比内地鶏を飼養し,発育,肉質および飼料費を調査した。各試験区に比内地鶏の雌20羽を供し,初生から28日齢まではバタリー式育雛器で,28日齢から160日齢の解体調査までは運動場が付随したパイプハウスで放し飼いとした。発育成績として体重,部位別重量,平均飼料摂取量,肉質成績としてモモ肉の一般成分および中性脂肪の脂肪酸組成を調査した。飼料費は飼料摂取量と飼料単価から算出した。発育成績のうち,体重では7日齢および28日齢において試験区間で有意差が見られたが,160日齢において有意差は見られなかった。肉質成績ではモモ肉中中性脂肪の脂肪酸組成に有意な差が見られ,仕上げ飼料による影響であると考えられた。一羽あたりの飼料費は飼料体系による差が大きかった。これらの結果から飼料体系の違いにより比内地鶏の仕上がり重量およびモモ肉の一般成分に差はないが,経済性及び肉中の脂肪酸組成には違いがあることが示された。
索引語飼料体系;比内地鶏;違い;影響;飼料費;脂肪酸組成;肉質;生産性;差;飼料
引用文献数5
登録日2015年09月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat