都市圏で暮らす高齢非農家住民の農作業参加構造の分析

都市圏で暮らす高齢非農家住民の農作業参加構造の分析

レコードナンバー892401論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032432NACSIS書誌IDAA12221239
論文副題健康づくりに着目して
著者名鬼丸 竜治
石田 憲治
合崎 英男
片山 千栄
書誌名農村工学研究所技報
別誌名Technical report of the National Institute for Rural Engineering
農工研技報
Tech. Rep. Natl. Inst. Rural. Eng. Japan
発行元農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究所
巻号,ページ217号, p.63-74(2015-03)ISSN18823289
全文表示PDFファイル (11192KB) 
抄録超高齢社会を迎え,高齢者の健康維持が課題となる中,都市圏で暮らす高齢非農家住民の健康づくりに「農」の果たす役割が期待されている。彼らの農作業参加行動を促進するためには,行動を促す適切な要因に働きかけることが重要である。そこで,本報では健康づくりに着目して,農作業参加行動と影響要因の関係(農作業参加構造)を,三大都市圏の高齢非農家住民800人から得た質問紙調査データとパス解析モデルを用いて分析した。その結果,農作業参加行動には農作業参加意欲と農作業参加能力が,意欲には農作業に対する健康面での受益意識等の要因が,それぞれ影響を与える構造のモデルを示した。また,モデルの適合度指標のうちGFIは,適合が良いとされる0.9以上の0.989,RMSEAは,適合が妥当とされる0.08以下の0.077であり,モデルが現実のデータに適合していることが確認された。
索引語モデル;健康づくり;適合;農作業参加行動;都市圏;高齢非農家住民;農作業参加構造;着目;要因;農
引用文献数47
登録日2015年10月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat