フルクタン資化性乳酸菌Lactobacillus plantarum S506株の分離とニンニク発酵食品への応用

フルクタン資化性乳酸菌Lactobacillus plantarum S506株の分離とニンニク発酵食品への応用

レコードナンバー892473論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名草野 崇一
田村 弘司
岡崎 勝一郎
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ16巻・ 2号, p.125-131(2015-06)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (31075KB) 
抄録乳酸菌は主にグルコースなどの単糖類を資化して乳酸発酵を行うが,ニンニクの主成分である多糖類のフルクタンは一般的に発酵できない。我々はニンニク乳酸菌発酵食品を作る目的で新たにフルクタン資化性菌を探索し,ラッキョウ塩漬けからLactobacillus plantarum S506株を分離した。S506株はニンニクフルクタンのみを糖質源として効率よく乳酸発酵することができた。分離したS506株をスターターとして得られた発酵ニンニクエキスは,BALB/cマウス由来マクロファージ様細胞株のJ774.1細胞を使った試験において自然免疫強化の指標となるインターロイキン-12(IL-12)産生量を顕著に増大した。このIL-12産生促進作用の主な有効成分は発酵により新たに生成した成分であることが推察された。このような新たな免疫機能が付与されたニンニク乳酸菌発酵食品は健康維持に役立つ食品として期待される。
索引語plantarum;分離;発酵;フルクタン資化性乳酸菌Lactobacillus;乳酸発酵;ニンニク乳酸菌発酵食品;フルクタン;Lactobacillus;成分;食品
引用文献数19
登録日2015年10月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat