茶葉の降灰除去のための新規技術の評価

茶葉の降灰除去のための新規技術の評価

レコードナンバー892558論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016154NACSIS書誌IDAN00143344
著者名鹿子木 聡
長ヶ原 智
徳田 明彦
書誌名茶業研究報告
別誌名Tea research journal
発行元[出版者不明]
巻号,ページ119号, p.33-38(2015-06)ISSN03666190
全文表示PDFファイル (2312KB) 
抄録茶新芽に付着する降灰を除去する新しい2装置及び茶園の既存施設であるスプリンクラーの除灰性能と,茶工場の生葉洗浄脱水機との併用効果について調査した。サイクロン式吸引洗浄装置による除灰率は60~75%,除灰機能付き摘採機の除灰率は60%程度であり,両装置とも従来機よりも優れた。また,スプリンクラーも,10a当たり30tの散水により80%程度の除灰ができた。
索引語灰率;スプリンクラー;サイクロン式吸引洗浄装置;灰機能付き摘採機;両装置;従来機;茶葉;降灰除去;新規技術;評価
引用文献数2
登録日2015年11月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat