養殖カワハギStephanolepis cirrhiferに発生した非結核性抗酸菌症

養殖カワハギStephanolepis cirrhiferに発生した非結核性抗酸菌症

レコードナンバー892565論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名深野 華子
和田 新平
倉田 修
水野 かおり
中永 和枝
星野 仁彦
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ50巻・ 2号, p.68-74(2015-06)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (12793KB) 
抄録2009,2010年に,愛媛県内で飼育されていたカワハギに高い死亡率を伴う疾病が発生した。病魚は顕著な腹部膨満を伴い,腹腔内には多数の白色結節を認めた。病理組織学的に本疾病は膿瘍形成性肉芽腫病変を特徴とし,肉芽腫の壊死中心には多量の細胞残渣と抗酸菌染色陽性の長桿菌集落を認めた。2009,2010年に分離した代表的な2菌株を使用し,細菌学的検査およびDNA-DNAハイブリダイゼーションを実施した結果,いずれの分離菌も迅速発育型非結核性抗酸菌であるMycobacterium chelonae近縁種であることが示された。人為感染試験を実施したところ,本菌はカワハギに対し病原性を有することが示された。本例は,国内の海産養殖魚における初の迅速発育型非結核性抗酸菌感染例である。
索引語発生;養殖カワハギStephanolepis cirrhifer;カワハギ;実施;DNA-DNAハイブリダイゼーション;Mycobacterium;非結核性抗酸菌症;疾病;肉芽腫;分離
引用文献数30
登録日2015年11月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat