赤ワイン向けブドウ新品種‘ビジュノワール’

赤ワイン向けブドウ新品種‘ビジュノワール’

レコードナンバー892696論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021103NACSIS書誌IDAN00334681
著者名齋藤 寿広
三宅 正則
近藤 真理
宇土 幸伸
齊藤 典義
別所 英男
平林 利郎
安藤 隆夫
書誌名山梨県果樹試験場研究報告
別誌名The bulletin of Yamanashi Fruit Tree Experiment Station
果試報告
発行元[出版者不明]
巻号,ページ12号, p.1-10(2011-03)ISSN03893588
全文表示PDFファイル (9638KB) 
抄録1. ビジュノワールは山梨県果樹試験場において,1986年に山梨27号と‘マルベック’を交雑して得られた実生から選抜した赤ワイン向けブドウ品種である。2000年よりブドウ山梨38号の系統名でブドウ第10回系統適応性検定試験に供試された。その結果2006年10月4日付で‘ビジュノワール’と命名され,‘ぶどう農林23号’として,登録・公表された。2008年3月18日付けで種苗法に基づき第16781号として品種登録された。2. 樹勢や樹冠の広がりは‘メルロ’と同程度である。花穂は円錐形で副穂を有し,1新梢あたり2花穂程度着生する。満開期は山梨市(標高440m)では6月上旬で‘メルロ’と同時期である。着粒密度は‘メルロ’と同程度である。巨峰・ピオーネに準じた防除で問題となる病害虫は認められない。3. 収穫期は山梨県以西で9月上中旬であり,果房は円錐形で,大きさは300g程度である。果粒の着粒密度は‘メルロ’と同程度で,大きさは2g程度である。果皮は青黒色を呈し,果粉の量は多い。糖度は22.7%,滴定酸度は0.55g/100mlである。渋みおよび香りは感じられない。また,裂果の発生はほとんどみられない。収量は1.5t/10a程度である。4. ワインは,酸含量が少なく,色が濃い。また,フェノール含量が高くタンニンも多く,ボディがあって品質が優れている。5. 耐寒性が高く,西南暖地においても着色良好でワインの色も濃いことから,全国のブドウ栽培地域で栽培が可能である。
索引語メルロ;着粒密度;色;ワイン;円錐形;大きさ;ビジュノワール;実生;供試;満開期
引用文献数6
登録日2015年11月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat