北海道における機械作業システムと林地残材率を考慮した林地残材集荷可能量の推定

北海道における機械作業システムと林地残材率を考慮した林地残材集荷可能量の推定

レコードナンバー892723論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00019557NACSIS書誌IDAN10531146
著者名酒井 明香
寺田 文子
渡辺 一郎
佐々木 尚三
書誌名森林利用学会誌
別誌名Journal of the Japan Forest Engineering Society
発行元森林利用学会
巻号,ページ30巻・ 2号, p.71-78(2015-04)ISSN13423134
全文表示PDFファイル (4789KB) 
抄録再生可能エネルギー固定価格買取制度の導入による木質バイオマス需要量の広域的な増加が見込まれる中,北海道における林地残材の効率的な集荷可能量を推定した。推定にあたり,北海道地域における国有林伐採計画・北海道有林基本計画・全市町村の森林施業計画に基づき,林地残材を効率的に搬出できる小班をGIS上で検索し,機械作業システムやパルプ最小利用径級,林地残材率を考慮した上で1年あたりの林地残材集荷可能量を179市町村別に求めた。その結果,集荷可能量は含水率30%DBで約20万t/年(全幹システム),約34万t/年(全木システム)となった。北海道で計画が公表された木質バイオマス発電所の需要量を林地残材だけで満たすには,建設地より100km圏外からの集荷が必要な施設も存在すると示唆された。
索引語北海道;推定;年;林地残材;機械作業システム;林地残材率;考慮;林地残材集荷可能量;集荷可能量;DB
引用文献数25
登録日2015年11月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat