発達段階に応じた森林環境教育の実施の必要性

発達段階に応じた森林環境教育の実施の必要性

レコードナンバー892859論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名杉浦 克明
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ97巻・ 2号, p.107-114(2015-04)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (1443KB) 
抄録本研究の目的は,発達段階を考慮した環境教育の目的の整理と現状での森林環境教育の実施状況の分析から,効果的な森林環境教育のあり方を論じることである。森林環境教育の実態を把握するために,各都道府県で行われた2009年度と2010年度の森林環境教育の162の実践例をまとめた林野庁の事例報告を用い,森林環境教育の実施の対象者,目的,実施内容,課題に関する語句の抽出と集計を行った。その結果,森林環境教育の対象者は,主に児童であり,実施目的は森林・林業に関する知識・理解・啓発に関するものが103件と他の目的と比べて多かった。実施内容は,観察(観測)(73件),木工(71件),間伐(42件),植樹(33件)等の体験型が多かった。森林環境教育は主に児童を対象に,森林・林業に関する知識・理解を深めるために体験学習させることと捉えられている可能性がある。このように,森林環境教育の対象者,実施目的,実施内容に偏りがあることから,最終目標の「参加」につなげるためには青年期以上の対象者向けの実施を増やし,発達段階にあわせた目的と内容で実施していく必要がある。
索引語森林環境教育;発達段階;実施;目的;対象者;実施内容;森林;児童;実施目的;林業
引用文献数28
登録日2016年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat