バレイショデンプン粕を主体としたエコフィードサイレージ(EFS)給与が肥育後期豚の発育と肉質に及ぼす影響

バレイショデンプン粕を主体としたエコフィードサイレージ(EFS)給与が肥育後期豚の発育と肉質に及ぼす影響

レコードナンバー893086論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名劉 永超
Ghlailat B.
日高 智
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ86巻・ 3号, p.335-341(2015-08)ISSN1346907X
全文表示PDFファイル (405KB) 
抄録バレイショデンプン粕を主体としたエコフィードサイレージ(EFS)の豚飼料への有効利用について検討した。平均体重72.8の同一父親去勢LW・D交雑去勢豚18頭を供試豚として用いた。市販配合飼料を給与する対照区と,バレイショデンプン粕を主体としたEFSを配合飼料に乾物の10%(10%EFS区)または20%(20%EFS区)代替混合した飼料を給与する計3試験区を設けた。体重が110kgを超えた時点で屠畜し,枝肉成績,肉質を調査した。飼料摂取量は対照区に比べ,20%EFS区が少なかった(P<0.05)が,日増体量に差は認められなかった。肉質と筋間脂肪の脂肪酸組成には処理間で差はなかったが,皮下脂肪の脂肪酸組成において,10%EFS区および20%EFS区のC14:0とC16:1割合は対照区より高く(P<0.05),10%区のC18:0割合は対照区より低い値を示した(P<0.05)。以上の結果から,バレイショデンプン粕を主体としたEFSは,配合飼料の一部を代替できると考えられた。
索引語バレイショデンプン粕;EFS区;主体;エコフィードサイレージ;給与;肉質;配合飼料;P&lt;差;脂肪酸組成
引用文献数37
登録日2016年01月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat