終夜照射における赤から遠赤色光領域の波長分布がストックの伸長成長および開花に及ぼす影響

終夜照射における赤から遠赤色光領域の波長分布がストックの伸長成長および開花に及ぼす影響

レコードナンバー900008論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名宮前 治加
島 浩二
西谷 年生
山田 真
石渡 正紀
住友 克彦
久松 完
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ14巻・ 4号, p.371-379(2015-10)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (3225KB) 
抄録ストックにおいて赤色(R: 600~699nm)光から遠赤色(FR: 700~799nm)光の領域における光質が生育・開花に及ぼす影響を調査した。実験1では‘雪波’および‘ホワイトアイアン’を供試し,R光およびFR光のLEDを用いた混合照射によってR光とFR光の割合(R/FR)を0.02~277として終夜照射した。両品種においてほとんどの光照射区で茎伸長および花成が促進され,‘雪波’ではFR光の割合がR光よりも高い区(R/FR 0.02~0.7)で茎伸長および花成が顕著に促進された。‘ホワイトアイアン’では,FR光のLEDのみの照射(R/FR 0.02)よりも,R光とFR光の両方を含み,FR光の割合が高い場合(R/FR 0.15~0.7)に最も強く花成が促進された。実験2および3では‘ホワイトアイアン’を供試し,ピーク波長が628~742nmの7種のLED電球を用いて終夜照射した。ほとんどの光照射区で茎伸長および花成が促進され,709,725,742nm区で特に強く促進された。これら3つのLED処理区の中では,709nmのLEDを処理した区において着花節位が最も低くなり,花芽分化が最も早くなることが示唆された。また,照射光の波長分布が異なる場合でも,茎伸長および花成への影響はフィトクローム平衡値との関連が見られた。
索引語FR光;R光;花成;促進;茎伸長;影響;光;供試;LED;ホワイトアイアン
引用文献数24
登録日2016年04月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat