ホウレンソウに含まれるフラボノイドおよび抗酸化能の栽培時期による変動

ホウレンソウに含まれるフラボノイドおよび抗酸化能の栽培時期による変動

レコードナンバー900441論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名渡辺 満
鮎瀬 淳
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ62巻・ 10号, p.501-507(2015-10)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (384KB) 
抄録ホウレンソウを複数時期栽培し,フラボノイドおよび親水性-酸素ラジカル吸収能(H-ORAC値)を測定した。その結果,総フラボノイド含量は,4/6~5/19栽培(春栽培)より9/22~11/14栽培(秋栽培)の方が多かった。フラボノイド組成としては,spinacetin配糖体やフラボングルクロニドの割合が増加した。H-ORAC値も総フラボノイド量の増加と同じく,4/6~5/19栽培より9/22~11/14栽培の方が高くなった。
索引語フラボノイド;ホウレンソウ;ORAC値;増加;フラボングルクロニド;抗酸化能;変動;複数時期栽培;親水性;酸素ラジカル吸収能
引用文献数16
登録日2016年05月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat