北海道の園芸作物に発生したThielaviopsis属菌による病害

北海道の園芸作物に発生したThielaviopsis属菌による病害

レコードナンバー900596論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014131NACSIS書誌IDAN00348744
著者名堀田 治邦
大上 大輔
書誌名北農
発行元北海道農事試驗場北農會
巻号,ページ82巻・ 4号, p.385-391(2015-10)ISSN00183490
全文表示PDFファイル (1477KB) 
抄録北海道の園芸作物で発生したThielaviopsis属菌による病害の詳細について報告する。ニンジンでは収穫後に根部表面が黒いすす状のかびに覆われる症状が発生し,Thielaviopsis thielavioides (Syn. Chalara thielavioides, =Chalaropsis thielavioides), Thielaviopsis basicola (Syn. Chalara elegans)の2菌種が病原菌で,黒すす病として報告する。シネラリアでは根部が黒褐色となり,地上部が萎れる症状が発生し,T. basicolaによる黒根病として報告する。ビオラでも根部が黒褐色となり,地上部が萎れる症状が発生し,T. basicolaによる根腐病と診断された。ニンジン黒すす病およびシネラリア黒根病は本邦における新発生病害として報告(講演要旨)されているが,その詳細を記載した。
索引語発生;報告;T. basicola;症状;病害;北海道;園芸作物;Thielaviopsis属菌;根部;黒褐色
引用文献数17
登録日2016年05月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat