mtDNA調節領域の塩基配列により推定されたキンメダイの集団構造

mtDNA調節領域の塩基配列により推定されたキンメダイの集団構造

レコードナンバー900682論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名柳本 卓
酒井 猛
越智 洋介
蛯名 儀富
藤野 忠敬
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ81巻・ 6号, p.958-963(2015-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (871KB) 
抄録キンメダイは世界中の温帯亜熱帯域の水深300-1300mに生息し,底魚漁業において重要な魚種の一つである。しかし,キンメダイの集団構造の詳細は明らかになっていない。北太平洋4地点,南インド洋3地点,北大西洋1地点から集めたキンメダイについて,mtDNAの調節領域の塩基配列分析を行い,集団間に遺伝的な差異があるか調べた。それぞれの大洋内において集団間に差はなかったが,大洋間で差があった。このことから,大洋ごとに一つの大きな集団を形成していると推測された。
索引語キンメダイ;集団構造;集団間;このこ;mtDNA調節領域;塩基配列;推定;差;世界中;温帯亜熱帯域
引用文献数38
登録日2016年05月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat