複数ピークからなるESRスペクトルのピーク分離解析

複数ピークからなるESRスペクトルのピーク分離解析

レコードナンバー900806論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011622NACSIS書誌IDAN00117832
著者名菊地 正博
永田 夏樹
菰田 聖一
亀谷 宏美
鵜飼 光子
小林 泰彦
書誌名食品照射 = Food irradiation, Japan
発行元日本食品照射研究協議会
巻号,ページ50巻・ 1号, p.13-19(2015-10)ISSN03871975
全文表示PDFファイル (1493KB) 
抄録照射食品に誘導されたフリーラジカルの不対電子の緩和時間は,ラジカル相互作用の指標となる。連続波(CW-)ESRを用いる場合,1本線のピークではLund法のシミュレーションを用いる事ができる。複数ピークからなるCW-ESRスペクトルから緩和時間を求めるため,ピーク分離を行った。緩和時間はパルスESRで直接測定可能である。CW-ESRで複数ピークとなるスペクトルに対して,そのままLund法のシミュレーションを適用して,照射アミノ酸の緩和時間を求めたところ,パルスESRの測定結果とは全く異なっていた。複数ピークをもつ照射アミノ酸のスペクトルに対してGaussianピークとしてフィッティング後,それぞれのピークに対してLund法を適用して求めた緩和時間T2は,パルスESRで測定された値とよく一致していた。CW-ESRによる測定で,複数ピークをもつESRスペクトルが得られた場合,ピーク分離後にLund法を適用する解析法は,緩和時間を求める際に有効と考えられる。パルスESRで複数ピークが同じg値をもつ時,CW-ESRでラジカル構造を踏まえたピーク分離を行うと,簡単に緩和時間を求められると考えられる。
索引語緩和時間;ESR;パルスESR;複数ピーク;Lund法;ESRスペクトル;スペクトル;ピーク;適用;測定
引用文献数10
登録日2016年05月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat