分子生物学的手法を用いStreptococcus canisによる感染性心内膜炎と診断した犬の1症例

分子生物学的手法を用いStreptococcus canisによる感染性心内膜炎と診断した犬の1症例

レコードナンバー900874論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名田川 道人
大橋 英二
本村 絹代
千葉 史織
堀内 雅之
三好 雅史
猪熊 壽
松本 高太郎
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ68巻・ 11号, p.703-707(2015-11)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (823KB) 
抄録10歳の雄の雑種犬が,3週間前から持続する発熱及び元気消失を主訴に帯広畜産大学動物医療センターを受診した。心雑音及び心エコー検査において僧帽弁の疣贅物が確認され,抗生物質等により加療したが,第7病日より心不全の悪化を認め,第10病日に肺水腫により斃死した。病理解剖では,軽度の心拡大及び僧帽弁における多中心性疣贅物が認められた。血液培養検査では,Staphylococcus haemolyticusが検出されたが,疣贅物を用いたPCR検査ではStreptococcus canisと100%一致する塩基配列が得られた。血液培養分離菌はコンタミネーションであった可能性が高く,本症例の心内膜炎はStreptococcus canisによるものと考えられた。血液培養結果と実際の心内膜炎起因菌が異なる場合があることを考慮する必要がある。
索引語Streptococcus;疣贅物;僧帽弁;Staphylococcus;分子生物学的手法;感染性心内膜炎;診断;犬;心内膜炎;雄
引用文献数19
登録日2016年06月15日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat