水利用効率に注目したササゲ(Vigna unguiculata (L. ) Walp. )の窒素固定量評価の可能性

水利用効率に注目したササゲ(Vigna unguiculata (L. ) Walp. )の窒素固定量評価の可能性

レコードナンバー900894論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名菅田 慎平
川崎 友寛
角 明夫
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ84巻・ 2号, p.192-200(2015-04)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (650KB) 
抄録窒素(N)固定量を評価するために,0gN pot-1施肥条件で育てたササゲ(0Nササゲ)とトウモロコシ(0Nトウモロコシ)のN吸収量を比較した。同時に,根粒が着生した0Nササゲの水利用効率(WUE)と5gN pot-1を施肥することで作出した根粒非着生ササゲ(5Nササゲ)のWUEを比較した。生育初期から全乾物重の増加を停止した0Nトウモロコシに対して,固定Nの供給を受けた0Nササゲでは全乾物重の増加が継続した。WUEは生長が強く阻害された5Nササゲのほうで全生育期間を通して高く,また5NササゲのWUEが実験期間内においてほぼ一定値で推移する傾向を示したのに対して,0NササゲのWUEは0Nササゲと0Nトウモロコシの間のN吸収量の差が大きくなるにつれて低下した。これらの結果は,N固定がなかったWUEが予測できれば,それとN固定ササゲのWUEとを比較することでN固定量評価が可能であることを示唆している。
索引語0Nササゲ;ササゲ;WUE;0Nトウモロコシ;比較;5Nササゲ;水利用効率;Vigna unguiculata;pot;N吸収量
引用文献数57
登録日2016年06月15日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat