アスパラガス半促成長期どり栽培における若茎調製残渣糖度と貯蔵根糖度の関係

アスパラガス半促成長期どり栽培における若茎調製残渣糖度と貯蔵根糖度の関係

レコードナンバー901098論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名水上 宏二
平田 祐子
森山 友幸
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ15巻・ 1号, p.47-51(2016-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (871KB) 
抄録アスパラガスの半促成長期どり栽培において若茎調製残渣(以下,若茎残渣)の糖度と貯蔵根糖度との関係性を検討し,以下の知見を得た。春芽収穫期間中の若茎残渣糖度は,収穫始めは高く,収穫が進むにつれて漸次低下する傾向が認められ,定植後7~9年では3年および5年と比べて顕著に高く推移した。この株の生育年数による若茎残渣糖度の水準の違いは,夏秋芽でも同様な傾向がみられた。若茎残渣糖度の経時変動は,貯蔵根に蓄積された糖の濃度を推定できる貯蔵根糖度の変動と似通った。両糖度間には,春芽収穫期間が相関係数r=0.9166の高い正の相関が,夏秋芽収穫期間ではr=0.6963の正の相関が認められた。これらのことから,若茎残渣糖度をもって貯蔵養分の蓄積状況を推定できることが示唆される。
索引語若茎残渣糖度;貯蔵根糖度;正の相関;アスパラガス半促成長期どり栽培;若茎調製残渣糖度;関係;収穫;傾向;推定;糖度
引用文献数12
登録日2016年07月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat