バイオマス燃焼灰のリン酸の形態とコマツナに対する肥効

バイオマス燃焼灰のリン酸の形態とコマツナに対する肥効

レコードナンバー901121論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名小林 透
田中 章浩
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ84巻・ 3号, p.309-314(2015-07)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1382KB) 
抄録バイオマス燃焼灰の肥料利用促進を目的に,燃焼灰に含まれるリン酸の形態およびリン酸の肥効について検討した。鶏ふん燃焼灰(以下鶏ふん灰),牛ふん堆肥ペレット燃焼灰(以下牛ふん灰)を供試し,リン酸の含量を測定した。その結果,燃焼灰のリン酸含量は鶏ふん灰27.23%,牛ふん灰7.93%であった。燃焼灰に含まれるリン酸うち,水溶性リン酸,く溶性リン酸の割合は,く溶性リン酸は鶏ふん灰92.2%,牛ふん灰99.3%であり,水溶性リン酸はほとんど含まれていなかった。このため,燃焼灰に含まれるリン酸はそのほとんどが,可給態リン酸であると考えられた。コマツナを用いポット栽培を行い燃焼灰の肥効を溶成リン肥と比較したところ,溶成リン肥と同等以上の肥効を示した。圃場栽培において燃焼灰と化成肥料を用いてコマツナを栽培したところ,生育,収量,リン酸肥効は化成肥料区と有意差は認められなかった。以上の結果,バイオマス燃焼灰はリン酸肥料の代替利用が可能であると考えられる。
索引語燃焼灰;リン酸;バイオマス燃焼灰;肥効;性リン酸;コマツナ;形態;水溶性リン酸;溶成リン肥;鶏ふん燃焼灰
引用文献数18
登録日2016年07月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat