圃場に埋設した透明容器によるダイズシストセンチュウ簡易診断手法の検討

圃場に埋設した透明容器によるダイズシストセンチュウ簡易診断手法の検討

レコードナンバー901292論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名相場 聡
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ66号, p.125-128(2015-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (775KB) 
抄録透明な容器を用いたダイズシストセンチュウの発生状況の簡易的な診断法について検討した。容量約500mlのポリエチレンテレフタラート製容器の内側壁面にダイズシストセンチュウ感受性品種「湯あがり娘」および抵抗性品種「トヨムスメ」の種子を貼り付け,診断する圃場の土壌を詰めてそのまま圃場に埋設し,8週間後に掘り上げて根に着生した雌成虫およびシスト数(以下,シスト数)を外側から肉眼で計数した。本法では,着生シストを容易に視認することができた。線虫の初期密度と感受性品種での視認シスト数には正の相関が認められたことから,本方法を圃場内のダイズシストセンチュウ密度推定に利用することが可能であると考えられた。また,感受性品種と抵抗性品種への着生数の違いから,寄生性判別にも利用できると推察された。
索引語圃場;感受性品種;埋設;検討;抵抗性品種;利用;ダイズシストセンチュウ;トヨムスメ;正の相関;透明容器
引用文献数5
登録日2016年07月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat