ホウレンソウ播種前の大量灌水がホウレンソウケナガコナダニの行動に与える影響

ホウレンソウ播種前の大量灌水がホウレンソウケナガコナダニの行動に与える影響

レコードナンバー901295論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名齊藤 美樹
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ66号, p.135-139(2015-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (302KB) 
抄録ホウレンソウ播種前に実施した大量灌水がホウレンソウケナガコナダニ(以下コナダニ)の密度や挙動に与える影響を調査した。コナダニを放飼した圃場に灌水チューブを用いて土壌に100mmの灌水を行い,ハウスを密閉した。ロータリー耕耘が可能な土壌水分条件になった7日後に再度耕耘しホウレンソウを栽培したところ,灌水区では隣接ハウスに設けた対照区と比較して土壌表層(深さ0~5cm)のコナダニ密度が高く推移する傾向が見られた。しかし,地表面でのコナダニ移動量を反映するトラップ誘引数は播種2週間後頃まで,株の被害度は播種4週間後頃まで顕著に低く推移した。また,灌水区では播種~2週間後頃まで土壌含水率が顕著に高かったが,栽培期間を通して土壌容積重は小さかった。本条件下の大量灌水ではコナダニ密度抑制効果は得られなかったが,土壌がコナダニの生息に適した条件となることでホウレンソウへの移動が抑制され被害が軽減したと考えられた。
索引語大量灌水;ホウレンソウ播種前;ホウレンソウケナガコナダニ;灌水区;ホウレンソウ;影響;推移;放飼;圃場;灌水チューブ
引用文献数22
登録日2016年07月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat