シカにおける肺アスペルギルス症

シカにおける肺アスペルギルス症

レコードナンバー901386論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名松田 一哉
柳 充紘
秋山 義侑
才力 慎也
村田 亮
谷山 弘行
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ69巻・ 1号, p.47-51(2016-01)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (1481KB) 
抄録北海道におけるエゾシカ検査モデルにおいて,獣医師による解体時検査の実施されたエゾシカ368例のうち8例の肺に異常が確認された。このうち7例では,肉眼的に孤在性から多発性の硬結感のある結節性病変が認められ,組織学的にはアスペルギルス様真菌を伴う乾酪化肉芽腫もしくは乾酪壊死巣が認められた。うち3例については分子生物学的にAspergillus fumigatusと同定された。以上から,7例は肺アスペルギルス症と診断された。シカの肺病変に占める割合の高さと病変の重篤化の点から,アスペルギルス症はシカの肺における重要な疾患であると考えられた。容易に触知できる病変を形成するため,解体時検査における触診検査が重要であり,個体の健康状態の把握のためにも適切な内臓検査の実施が不可欠であると考えられる。
索引語シカ;肺アスペルギルス症;肺;病変;解体時検査;実施;Aspergillus fumigatus;点;アスペルギルス症;北海道
引用文献数8
登録日2016年07月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat