非乳文化圏フィリピンへの乳文化の浸透・変遷形態

非乳文化圏フィリピンへの乳文化の浸透・変遷形態

レコードナンバー901433論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014790NACSIS書誌IDAA11125739
論文副題セブ州マクタン島コルドヴァ町の漁民世帯の事例から
著者名平田 昌弘
辻 貴志
内田 健治
元島 英雅
木村 純子
書誌名ミルクサイエンス = Milk science
発行元日本酪農科学会
巻号,ページ64巻・ 3号, p.191-199(2015-12)ISSN13430289
全文表示PDFファイル (2770KB) 
抄録本稿は,1)フィリピンでの乳・乳製品の利用のされ方,2)フィリピンでの乳・乳製品の利用されるタイミングを把握した上で,3)非乳文化圏への乳文化の浸透・変遷の五形態を検証することを目的に,フィリピンのセブ州マクタン島コルドヴァ町の漁民を対象に観察とインタビューをおこなった。乳・乳製品は,中心的な食事となる魚料理には一切利用されず,朝食や間食にパンやビスケットなどと共に,主に副食的に摂取されていた。非乳文化圏と位置づけられるフィリピンに,乳文化はスペイン,日本,アメリカによる植民地支配の最中に主に伝播した。乳・乳製品は,特にスペインによる植民地統治と自然環境の影響を大きく受け,甘すぎるくらいに加工されるようになり,魚の利用を基本とした主食的な食事には浸透せず,朝食や間食として「補助栄養食」「嗜好品」「米との融合」「西欧型の食文化」の四つの形態で浸透・変遷したとまとめることができる。このような乳文化の非乳文化圏への浸透・変遷の当初の立ち位置は,フィリピンだけでなく,インドネシアなど東南アジア,そして,日本においても確認され,非乳文化圏に類似して確認される現象となっている。こうした特徴が,非乳文化圏に伝播した乳文化の浸透・変遷の当初の型なのである。
索引語浸透;乳文化;乳;フィリピン;非乳文化圏;乳製品;利用;変遷;セブ州マクタン島コルドヴァ町;食事
引用文献数17
登録日2016年07月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat