オクラトキシンAのリスク評価

オクラトキシンAのリスク評価

レコードナンバー901497論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20534358NACSIS書誌IDAA12721071
著者名本山 聖子
小山 典子
書誌名JSM Mycotoxins
別誌名マイコトキシン : 日本マイコトキシン学会報
発行元日本マイコトキシン学会
巻号,ページ66巻・ 1号, p.31-35(2016-01)ISSN02851466
全文表示PDFファイル (313KB) 
抄録オクラトキシンAは,Aspergillus属やPenicillium属に属する数種の糸状菌により産生されるかび毒で,穀類,コーヒー,ココア,ビール,ワイン等,様々な農産物や食品における世界的な汚染実態が報告されている。日本では,食品安全委員会が自らの判断で行うリスク評価(食品健康影響評価)として,「オクラトキシンAの食品健康影響評価」を実施した。暴露量推定の結果,現状においては,食品からのオクラトキシンAの摂取が,一般的な日本人の健康に悪影響を及ぼす可能性は低いものと考えられた。しかし,オクラトキシンAの主な産生菌は,異なる生育条件では異なる種類の農産物や食品に生育し,また,オクラトキシンAの汚染の程度は,気候等の影響を受けやすいことから,リスク管理機関において汚染状況についてのモニタリングを行うとともに,規格基準について検討することが望ましいとし,2014年1月に評価結果を公表した。この後,2014年10月に開催された厚生労働省薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会食品規格部会において,コーデックス規格と同等のオクラトキシンAに対する規格基準を設定することが了承された。本稿では,「オクラトキシンAの食品健康影響評価」の概要を紹介する。
索引語オクラトキシンA;食品;食品健康影響評価;リスク評価;農産物;規格基準;属;数種;健康;程度
引用文献数1
登録日2016年07月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat