パプアニューギニアで食用とされるミナミスナホリガニHippa adactylaの分子的同定

パプアニューギニアで食用とされるミナミスナホリガニHippa adactylaの分子的同定

レコードナンバー901617論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20012308NACSIS書誌IDAA11768091
著者名浦田 慎
田中 隼人
大塚 攻
書誌名生物圏科学
別誌名Biosphere science
Journal of the Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University
広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
J. Grad. Sch. Biosp. Sci., Hiroshima Univ
発行元広島大学大学院生物圏科学研究科
巻号,ページ54巻・ p.21-28(2015-12)ISSN13481371
全文表示PDFファイル (583KB) 
抄録パプアニューギニアのラバウル近郊で現地人により採取されたスナホリガニの一種ミナミスナホリガニHippa adactyla Fabricius,1787について,核18S及びミトコンドリア16SリボソームRNA遺伝子配列を解析し,近縁種間及び同種内の関係について分子的に比較した。その結果,インド-太平洋域に広く分布するとされる本種において,パプアニューギニア産個体はインド洋産個体と分子的に異なる一方,台湾産個体とは極めて近い関係にあることが示された。あわせて,本種を「グムグム(Gum Gum)」と呼んで食用とする現地の習慣を,他の地域の食習慣とともに紹介した。本稿は,南太平洋域のスナホリガニ類の分子的情報と,同域での食用採取について,初めて報告するものである。
索引語食用;パプアニューギニア;adactyla;関係;本種;Gum;スナホリガニ;ミナミスナホリガニHippa;分子的同定;採取
引用文献数24
登録日2016年08月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat