牛の肝臓にみられた小結節病巣の病理組織学的検索

牛の肝臓にみられた小結節病巣の病理組織学的検索

レコードナンバー901865論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名作井 睦子
大野 博士
大西 綾衣
奥 祐三郎
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ69巻・ 3号, p.147-151(2016-03)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (2376KB) 
抄録北海道では,豚及び馬の肝臓から多包条虫(Echinococcus multilocularis)の幼虫である多包虫の寄生に起因した結節病巣がしばしば認められるが,牛での報告はない。そのため,北海道で生産した牛36例の肝臓に認められた小結節病巣を組織学的に検索したところ,5例で線虫または線虫様構造物を認め,1例は指状糸状虫(Setaria digitata),3例は肝毛細線虫(Calodium hepaticum)または肝毛細線虫様寄生虫,1例は同定不能の線虫であった。また,真菌性肉芽腫性炎が1例,ボトリオミコーシスが1例認められた。ほかに,寄生虫性好酸球性肉芽腫,微小膿瘍,リンパろ胞形成,胆管炎,結節性増生,脂肪壊死及び陳旧性肉芽腫が認められたが,多包虫は検出されなかった。
索引語肝臓;多包虫;小結節病巣;牛;線虫;北海道;豚;馬;多包条虫;幼虫
引用文献数17
登録日2016年09月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat