野生鳥獣による農作物被害に対する地方自治体の施策とその成功要因

野生鳥獣による農作物被害に対する地方自治体の施策とその成功要因

レコードナンバー901884論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004775NACSIS書誌IDAN00202024
論文副題長野県小県郡長和町を事例に
著者名船津 崇
書誌名農村研究
別誌名Journal of rural community studies
Nōsonkenkyu
Nōsonkenkyū
発行元東京農業大学農業経済学会→食料・農業・農村経済学会 (121号-)
巻号,ページ122号, p.22-33(2016-03)ISSN03888533
全文表示PDFファイル (673KB) 
抄録本研究は,担い手を確保したうえで鳥獣被害額の減少に成果をあげている優良事例をもとにその成功要因を解明することを目的とした。考察にあたり,公共経営論で論じられている政策評価の視点に基づき,アウトカムおよびそれを達成するためのアウトプットに焦点を当てた。事例地域では,2011年以降において全国動向とは逆行する形で鳥獣被害額が減少しており,アウトカムが達成されている。こうしたことから,本研究ではそのプロセスとなるアウトプットに焦点を当て,行政がどのような対応を講じているのかを考察した。その結果,長和町では侵入防止柵の設置距離を伸長させることに成功していたが,その背景には行政が東京農業大学と連携することでその設置の担い手を確保していたことが明らかになった。そして,個体数管理では,駆除数を増加させることに成功しており,その背景では手厚い報奨金と駆除期間を延長する対応を講じていたことを解明した。
索引語成功要因;成功;担い手;確保;鳥獣被害額;減少;解明;考察;アウトカム;達成
引用文献数27
登録日2016年09月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat